おやことしょ

ナショナルジオグラフィック購読のススメ 子どもに世界を見せよう!

学校司書で絵描きで沖縄好きのAcoです、こんにちは。

今日はナショナルジオグラフィック購読2年目のお話。

子どもがいるならおススメ新聞は以前紹介しましたが

http://oyacoart.com/todolist/

なかなか図書館にも行けない今、雑誌の購読はいかがでしょう。

去年から年間購読して(送料込み9,800円今年は少し上がり1万円弱)でしたが

世界の動物や驚くような自然の光景、人々の暮らし(もちろん銃で血を流した人もいましたし、動物の大量乱獲なども)を子ども達と知ることが出来ました。

特に娘が、リビングにあるナショジオをよく眺めていたので、今年も購読を継続することにしました。

こんな風に図書館も休館し本屋にも行けない今はとても良い決断だったと思いました。

特に今月号は地球や私たちの過去の成果と未来の展望をポジティブサイドとネガティブサイドから知ることができ、先日のファクトフルネス「世の中が怖くなったな」と思ったら読むべき本 ハンス・ロスリング『ファクトフルネス』と一緒に読むと面白いかなと思っています。

是非是非、小学校から大人までナショジオ購読してみてください。世界の見方が広がっていきます。

まあドラマチックな方に報道されているので、それを差し引いて冷静に眺めてみてもらえればと思いますが。

それでは今日もお元気で。

「世の中が怖くなったな」と思ったら読むべき本 ハンス・ロスリング『ファクトフルネス』

気になっていた本ではあったのですが、立ち読みして思った以上に引き込まれたので買ってしまいました。

環境や貧困、人口などの社会問題に少しでも関心がある人、またはテレビの情報に日々心を痛めたり不安にさせられてしまう人におすすめします。

まず最初に13問の問題(女子教育年数とか乳幼児死亡率、世界の人口比率などに関する三択)があるのですが、

もう、それが恥ずかしいぐらいに間違えていて!

私の不勉強もありますが、医師会や金融機関、ノーベル賞受賞者などあらゆる高学歴で知識人とされている人々が当てずっぽうのお猿さん以下の正解率なのです。

それは何故か?

10の人間本能に基づく社会の数字的事実の誤認識のせいなのだそうですが、

本当に面白くて、お風呂で半身浴しながら線引いて本気で読んじゃいます。

楽観主義、ではなく世界を正しく捉える力がないと

今後の地球に、自分の人生に、空回りの努力をしそうですよ。

これは全世代に読んで欲しいけど、とりわけ60代、30代、10代に。

当時は正しくても今では誤った世界の見方をしている世代、その人達に学んだままデータのアップデートが正しく出来ていない世代、そもそも生きている間嫌なニュースにさらされ、さらには将来の重圧まで担わされそうな今の若い人たち。

是非是非^_^良い本です!

7/27玉川上水まちのデザイン室マルシェ報告

台風直撃かと思われた土曜日でしたが、最後は快晴で気持ちの良い暑い日となりました。

こんな感じで楽しく準備をしていたのですが

突風による突風で

紙製品やアクセサリーはもちろん、

木工製品までばったばったとなぎ倒され、最終的に平置きで、しかも

チョークアートワークショップのみにしました!

広々と出来て逆に良かったかも!

そして15時からの絵本と工作のワークショップも無事開催、

ステキなさかなちゃんが出来ました。

すぐに保存&掲示できるファイルに入れてお渡ししました!

来月のマルシェは残念ながら出店しませんが、

8/23 10:00-11:30

8/30 10:00-11:30

大人の絵本とチョークアートワークショップを開催いたしますのでお楽しみに!

子どもにイライラしない。今からあなたが怒らないためのヒント

ほんっとうに困っている(心配している)のに全く言うことをきいてくれない我が子

ちょっとの事を気にして次のことができない我が子

優しく何度も何度も声をかけてもしつこくふざけてばかりいたために

最終的にきつく叱られる我が子

、、、今私が思いつくのはこんな感じですが、

子どもと親の数だけ「困った!」「イライラ!」はあるのではないでしょうか。

今日は保育心理、発達障害、脳科学色々なタイプの育児書を読んだり、数万の育児情報商材(日本で1番読まれている育児メルマガの方が有料発行している)を購入したけれど、

結局自分で行き着いた「子どもにイライラ」対策の現在の結論をお伝えします。

少しでも今育児ツライ!と思っているママさんの役に立てればいいなと思います。

続きを読む

図書館を使いたおす。利用しなきゃ損!なサービス

何か知識を得たい時、最近はすぐにググって解決することも多いですね。

私も最近、電球を買う時に、

ペンダントライトのカバーは[40w相当まで]と書いてあるけれど、暗いから60wつけちゃえるかなぁと旦那さんとホームセンターで迷っていた時に、

さっそく「40wに60wの電球」などとキーワードを入れると、すぐに「電流の負担が大きくて危ないよ」と一般的な回答がでてきましたのであきらめました。

そんな感じで、日々の疑問は大体が解決されたりする訳ですが、

そろそろ行う確定申告や節税対策の方法、

子どもの発達にかかわる育児書、

初めての株や投資信託でお金を運用する技術、

とか、玉石混交のネットだけじゃ心配だし、色んな人の知識からいいとこ取りをしたい時、

一定の量の資料をお金をかけずに集めたい時はやはり図書館を利用します。

上記以外ですと、児童の美術教育に関する資料、チラシの作り方やデザイン集、昨日はお部屋のインテリアやDIYに関する本を大量に借りました。

お住いの自治体によって図書館のサービスは異なると思うのですが、ぜひ利用できるならしてほしい便利なサービスをご紹介したいと思います。

大型書店でも専門書は手に入りますが、新しい本売れている本が基本的に置かれていますので、少し古い本や体系的にたくさんの知識を得たい場合、自分の求める情報をより効率的に得たい場合は、最初のワンステップは地域の図書館を利用されることをお勧めします。

続きを読む

楽しくできる、ほぼTVなし育児

TV見せる見せない論争がありますが、健康上の理由ではすでに海外国内の小児科学会において、2歳未満に見せることの言語分野や視力の面での有害性が指摘済みです。

とは言っても祖父母宅やどうにも暇な休日もあるので、我が家では基本TVなし、TVが見られるのは特別な時だけというゆるさにしています。

今日は上手に楽しくTVなし育児をするメリットと、今すぐできるアイデアを紹介します。結果的にママが楽に、子どもがかしこくなります。

続きを読む

ママも子どもも癒される本の読み聞かせの力

こんにちは。

みなさんは絵本の読み聞かせ…してもらったことはありますか?

その時の気持ちは覚えていますか?

私は家でも、職場でも(当然ですが)、読み聞かせしすぎていて忘れていたその大切さを再確認したので忘れないうちに、記事にしておこうと思いました。

続きを読む

親子で楽しく身につける!英語絵本のおすすめ

もう小学校でも英語が本格的に始まってきています。

中学校ではおなじみの、階段に日常的な英単語カードが一段ずつ…も小学校スタンダードになり、授業だけでなく、ALTの先生との給食、朝の放送、昼の放送でも英語ソングが流れ、音楽会でも英語の歌の合唱…、学校の先生方も英語の研究授業に熱心に取り組まれ…もう避けては通れない道になっています。

小学校からの英語必修化や将来の国際人化に向けて、幼保の別なく3人に1人は、さらには未就園児から英語教室に通ったり、親子英語を楽しむのが今の時代です。

でも、国産バイリンガルにするためには相当なコストと労力が必要で、小さな子を毎日英語漬けにするなんて無理ですよね。

そこで、子どもたちに身近な絵本の読み聞かせの中に英語の絵本も混ぜて、日本語以外の言語、文化や習慣の事を一緒に楽しく知りながら、英語って面白い!世界にはこんな子もいるんだ!とポジティブな気持ちを育ててあげることをオススメします。

続きを読む

本好きな子にするためのヒント

こんにちは、みなさま。

本を読むと良いこといっぱいありますよね。

心が豊かになる、頭が良くなる、夢を叶える方法がわかる、今ここではないどこかに行ける、人生経験が積める…(^^)。

エンターテイメント的要素以外では、大人になって特に必要と思うのですが、契約書や行政文書(独特ですよね)、経済新聞が読めると読めないのでは、人生の落とし穴回避率かなり違うなぁって思います。

子どものうちに、本を楽しく読む力を身につけてもらって、あらゆるタイプの文章を読み解く力を身につけてもらえたら、大人になっても困らないで生きていけそうですよね。

今日は本好きな子にするためにはどうしたらよいか、簡単なヒントをお伝えしようと思います。

続きを読む