irritation

おやこ学習

できない子どもにイライラする時の解決法!育児に必要なのは○○

こんにちは。わくわくかぞくサポーターのAcoです。

最近お子さんにこんな風に思ったことありませんか。

家庭学習の場面で、

あぁ、なんでこんなに丁寧に時計の読み方教えてるのにわからないんだろう!イライラ。

ピアノの練習に付き合っていて、何でこんなに長くやっているのに音譜よめないの!

ムカッ。

英語3年目でまだアルファベット書けないの?!○○ちゃんは年下なのに絵じゃなくて単語のつづりで英単語読めちゃってるよ?

d書いてって言ったら、bはまだしも、pとかq書くのよ。英語にどんだけ毎月お金と送迎の労力かけてるんだぁぁぁぁ。

これ全部私の話です。

一応、長年家庭教師をやっていましたし、小学校でも図書室の先生しているので、

いろんな子がいるのは、わかるんですよ。

教え方にはちょっとは自信もあるんです。

まずはスモールステップの法則!

小さいことからでしょう。それぞれを簡単なステップにわけて、段階的にやっていけば大丈夫、、ってあれ?

具体的にわかるように1つ1つわかりやすい例を伝えて、、、ってあれ?さっき、2秒前に教えたこともう忘れてる。

でもその技術をいくら投入しても、ぬかに釘状態。(と思ってしまう)

そのうち、何でわかんないんだー!とこちらがブチギレ。

さらに、この子にとってはこんな高度(普通だけど)なことを求める私が間違ってたんだ、

あー、なんか徒労。涙出てきた。ママちょっと放心してくる。もうそれいいから。あんたにやらせたあたしが間違ってたわ。。。

特に比較対象がいないひとりっ子ならそんなに気にならないことも、2歳下の妹が兄よりできると気になっちゃいますよね。

まさに息子は寅さんのよう。

でも、あのテニスの松岡修造さんですら自分の子どもに教えるときはイライラしていまっていたそう。

結構多いですよね、教育に携わっていても自分の子どもにはうまくいかない。みたいな。

全国の30代−40代のママ40人に聞いたアンケートだと

なんと今の悩みの92.5%が育児とお金に関わる不安でした。

その中でも子どもが勉強をしないとか、どう子どもと関わればいいかわからない、イライラする自分のメンタル管理が知りたい、という声が多くありました。

今日はそんな育児の場面、子どものできなさにイライラを解消するための分析とテクニックを紹介します。

この記事でわかること

・自分と自分の子どものタイプを理解する

・問題が起こったときに子どもを責めないで解決するテクニックと責めた後のフォロー方法

あなたのお子さんはどっち?先伸びうさぎタイプと後伸びかめタイプ

一通り叱って、特訓させて、さぁ10分後に確認したところまだわかっていなくて

泣けてきたこともあります。あー私の時間と努力無駄。

それに比べて2歳年下の妹はすでに単語力も読み書きもよくできていて

その際に比べてしまうのでいっそう息子につらく当たってしまって言っていました。

イライラする私はもちろん娘のような年齢より先に物事を吸収したいせっかちタイプ。

息子はゆっくりだけど、覚えたものは確実にものにする。大器晩成タイプ。

若い頃はまあまあの読書量をこなした私に比べ、今毎日一定時間、日本史や世界史の教科書や参考書を10回近く読み込んで、確実に人類の英知をため込んでいるのは

大学生まで豚骨ラーメンをぶたこつラーメンと呼んでいた夫。(小児科を小鹿と呼んでいた信じられない漢字力)今では、私のかけないような歴史上のマイナーな単語をいっぱい読み書きできます。

つまり人間には2タイプあって、

先伸びタイプと後伸びタイプがあるのです。

先伸びタイプはその言葉通り予習が得意なタイプ。

何でも早めに吸収するので、小さいうちはその分だけ周りの子と比べて褒められることが多いです。7~8割できて安心するので、そんなにクオリティや過去のものに執着しない。

後伸びタイプは理解することに時間がかかったり、芽が出るまでに忍耐が必要ですが、復習が得意で身に付ければ身に付けるほど正解率がグンと伸びて、クオリティーが高いタイプ。

まさに、お兄ちゃんがそうで、毎日宿題山程あるのですが、正答率は98%くらい。

今自宅学習中でやたら面倒くさい宿題が出ているのですが、やれば、ほぼ花マル。でもよほど集中力を使うようで、やるまでに時間がかかります。

絵も、ものすごくクオリティを高くしたい、自分の満足行くレベルまで描き直したいタイプなので、最近はめったに描かなくなりました。

そのことを理解していれば、今英語にしろピアノにしろこちらが期待するほど覚えてくれていなくても安心できます。

今わからないだけで、この後からぐんぐん伸びるタイプなのです。

「できない」は呪いの言葉、「大丈夫」は魔法の言葉

今できないことに対して、「できない」とか「ダメだなぁ」と言ってしまうと

小さい子ほど、信頼するお母さんが言うことだから、そうかも。できないのか。

「できない」と怒られちゃうのか。

怒られちゃうかもしれないなら、失敗しそうなこと自体やんないほうがいいや。

だって「できない」みたいだし。という感じで、

本当に、できなくなってしまうのです。

特に、私には全く理解できなかったのですが、かめさんタイプは頭すら外界(チャレンジが楽しい世界)に出してくれなくなります。

萎縮してしまい自分に自信がなくなり、学習する以前に、自分を表現することすらしてくれなくなります。

かめに棒つっこんだら、絶対だめ。

だけど、わかっていても、うさぎには止められない。

でもかめのすごいところを思い出してください。

あなたのできない、忍耐強さがありませんか。

あなたがかなわない、すごいところがありませんか。

それが、目の前の今できないことに、応用される日が来るとしたら…。

私より、よっぽど高い能力ではありませんか!

あと10年後、毎回98%の正答率を数学で出せたら?

私はもう完全に負けてます。高校数学80点以上取れたことないです。

あと10年後、ドラえもんを読み続ける集中力でPeanut(スヌーピーとチャーリー・ブラウン)を熟読していたら?

私にはあのユーモアが高度過ぎて原文だと理解できません。

そうか、今できないけど必ず将来私より得意になるはず!と思い直してください。

必死に教え込むと言う事は逆に自分自身のコンプレックスなんですよね。

我が身を振り返っても私の1年生の時よりもはるかに自分の子供たちの方が優秀です。

ついついあれもこれもと期待しすぎてしまうけど、もう十分に自分より能力が高いんですよね。

そんな私たちができる唯一のこと、それは子供のプライドをしっかり守るということ。

うさぎママは褒めるのが上手でもけなす口も持ち合わせているのです。

そのけなす口を閉じる!閉じる!封印。飲み込む。

99の気になるところがあってもたった1つの良かったところだけをよくできていたね!と伝える。そして99のところは「大丈夫、一緒にやってみよう」と言う。

「大丈夫、君ならできるよ」これ、大人でも勇気が出る魔法の言葉です。

そう、この記事を読んでくれたあなたにももちろんできますよ!私もできる!

それでも責めちゃったときの傷薬

「どうしてできないの!」ではなく「何が難しい?」と聞く余裕や

うまくいったときは逆に「どうやったらそんなに上手にできるの?どうしてうまくできたの?」と聞くことが良いってわかっている。

なんで(そんなこともできないの)よりも何が(あなたのチャレンジの壁になっているの)たった1文字の助詞の違いで自分が責められているような気持ちがなくなるのです。

大人だって例えば夫に買い物頼んだのに間違えたものを買ってきたときに怒ったり、

お洗濯のときに、どうしてこんな干し方するのよ!と言わないですよね。

これからも気持ちよく家事を分担してほしいから。

それなのに私たちは子供に対してついつい甘えてしまうんですよね。

それを防ぐためには、私が子供の頃同じように言われたらどんな気持ちがするかな

私できてたのかなとちょっとでも思ってセーブしましょう。

それができればわけないよと思う方、そう私もその通り。

自分の機関銃で子供の心をズタズタにしてしまったりします。

だって私たち育児ならったことないし。産前産後に母親学級は参加しても、育児の学校いってないもの。当然です。今からでいいんです。

子育てにもう終わった!ゲームオーバーだ!と言う事はありません。

もう一度言いますよ、ゲームオーバーはありません。今からこうやって、人の記事を読んだり、育児書読んだり、使える動画を見て、学べばいいんです。

申し訳ないですが、子供たちの方が寛容なんです。小さなことで怒り狂った私たちを許してくれるんです。天使。

この絵本、母の日近くに学校で読むと子どもたち目が釘付けです。

おこりんぼママ

自分の方が大人げなかった、子供の心を傷つけた、ほんと意地悪なママでごめんね。

思った瞬間に素直に謝りましょう。抱きしめましょう、抱きしめましょう。それでOK。

あと、私たちはだいぶ漫画のお母さん像に影響されている気がしますよ。

ドラえもんではのび太のお母さんやちびまる子ちゃんのお母さんとか。もう令和なのに。

心配性。うるさい小言。家族に尽くすお母さん。その母親像あなたはなぞらなくてもいいかもしれません。

楽天家。好きにさせる。MEファースト。かなり楽しいです。

大事なのは、子どもを支配することではなく、お互いに好きなことを楽しくして、成長することではないでしょうか。

まさに今、娘は自発的に英語教材で遊び、息子はドラえもんを読みまくり、私はこの記事を書いて過ごしています。

見て絶対に損はない動画リンク貼っておきますので、忙しい人、困っている人は絶対見てみてね。

おなじみメンタリストDaiGoさんのYouTube動画

子供を潰す親の【怒り方】と活かす【怒りかた】の科学

最近発見した関東の男性保育士てぃ先生のYouTube動画 このテクニック神です。

「はやくして!」と言わなくても子どもが動いてくれる【裏技】 4

まとめ

・イライラしてしまう理由はあなたが先伸びうさぎタイプで、こどもが後伸びかめタイプだからかも。

・後伸びかめタイプはすでにあなたより優れた可能性を秘めている。そのあなたにない能力は言葉次第で開花していきます。

・それでも責めちゃったら素直に謝って抱きしめよう。それでOK。いつからでもやり直せます。

・あなたらしいママになればいい。悩むよりも知識とテクニックを身につけよう。

結論 育児のイライラは分析とテクニックで解決する

ついつい感情で育児をしてしまうのですが、分析とテクニックが重要だとおわかりいただけましたでしょうか。

私たちは育児を誰にも学んだことがないのです。

教育学や発達心理学を学んでいたとしても、自分の子に対してどのように接したら良いかは、はじめからうまくいくものではありません。

ましてや、このご時世、ママ友に相談していいものやら、自分の親や義父母に昔の価値観を押し付けられたりするのも嫌だし、、かといって専門機関に相談するほどでもないし(この話はまたいずれします。)、と一人でモヤモヤと悩むママさん多いのです。

また自分の母親や、メディアの母親像しか見たことがないので人を成長させたり人を動かすためにどんなテクニックが必要か、改めて学ぶことの大切さすら知りません。

私もやっとママ9年生なので、先輩ママさんからお話をきいたり、子供の成長を感じながら実感する真理もあります。

でも、今回のようにすこし客観的な視点で悩みを捉えてみると案外悩みは解決するものですよ。

育児といって対子どものように考えがちですが、もうほとんど対等。

子どもの動かし方、というよりも、普通にビジネス書のコミュニケーションスキルを学んでもいいかもしれません。

怒るお母さんを卒業したい現役ママからのエールでした。

今日もお読みいただきありがとうございました。

今、毎日が特別に思えるストーリーをnoteで公開中です。

エピソードが増える度に毎日更新していますので、ぜひチェックしてみてください。

-おやこ学習
-, , , ,

© 2020 おやこアートらいふ Powered by AFFINGER5