おやこ学習

小学校1年生はじめての夏休みの宿題を効率よく終わらせる方法

2019年7月21日

ついに始まった小学一年生の夏休み。

子どもたちが楽しく充実した夏休みを過ごせるように働くママ目線で宿題のフォローの仕方をお伝えします。

 

ポイント1 すべての課題(タスク)を一覧にしよう

モクは胃腸炎で学校をお休みしたり、授業でやらなかったプリントもあり、

他のお子さんより実は多めになっています。

 

それに加え、自由研究として各種絵画コンクールの参加記録を入れたので、

〆切がばらばらなのもわかりやすく一覧にしました。

 

ちなみに、自由研究は自分で決めてもいいのですが低学年はまだまだ親のフォローやアドバイスが必要です。

 

モクはお絵かきが好きで、消防の絵が入賞したり、

毎日小学生新聞や学習教材の投稿で何度も掲載された経験が自分の自信につながっているので(結局子自慢かい)、

この夏も色々な場所に行き作品作りをしていこうと思い、

私が各種コンクールをピックアップしてみました。

 

一覧はパソコンでエクセルで作ってもいいと思います。

(白糸の滝が素敵に描けました!市の展示会に飾られました)

ポイント2 仕事と同じでタスクの可視化と〆切設定

次は仕上げたい日数で割ります^ - ^

我が家は日記や絵画以外は7月中に終わらせるつもりです。

毎日のワークなどは優先順位の順に重ねておいてあげると、その日の分量もわかりやすいです。

 

一覧にして子どもの手に届く場所に貼ったら

(我が家はリビングのカレンダー下です。学習するメインの場所、カレンダー付近がいいかも)

毎日の分量が終わったら消します。

ポイント3 なるべく学校のときと同じようにルーティーン化する

さきほどの画像では早速終業式の日にやったひらがなプリントやサマーワークが消されています。

そして毎日なるべく決まった時間にやらせます。

毎日のルーティンに合わせてこなす事で学校の日々と同じように生活リズムが規律よくなります。

 

ちなみに余談ですが、睡眠の取り方に関しても

週末に寝溜めすると脳の機能低下と倦怠感につながりますので、

毎日同じ時間に寝起きする事が健康に良いそうです。量より恒常性だそうです。

 

で、自分でやりたい順番でもいいのですが、

うちはひらがなプリントの残りが最優先事項(授業でできなかった部分)なので、

  1. ひらがなプリント
  2. けいさんドリル
  3. サマー16( 夏休み用)

の順番で重ねています。

 

学期中の通常と同じ用に、昼ご飯の後、

児童館に行く前に宿題をするように、時間をとっています。

 

他にポピーとポピーEnglish は夜ご飯前後

これもいつもと同じです。

 

学習教材に関してはどうしても、授業進度が標準月とずれたり、

量を調整していた(はしょってこなしていた部分)などを、

まあ夏休み後半にコンプリートできたらいいかなと思っています。

お部屋で遊んだり、国立国語研究所のイベントに行ったり。

ゆっくり〜普通の子なら先取りよりも復習が一番効果的

まずは学校の課題を7月に(みごとほぼ終わらせたモク)

その他のオプション教材は8月に

一番大切なのは先取りよりも

定期的な勉強習慣と確実な復習が

子どもの自信につながると思っています。

 

あゆみ−いわゆる通知表もクラスの中の順位的な相対評価から学期間にどれだけ自己成長できたかの絶対評価に変わったため、

私も夫も自分では見たことのないパーフェクトな通知表を見てびっくりしてしまいました。

と言っても二段階評価なんだけどねw

 

自分のペースで着実に頑張った結果なのかなと思います。

この夏も大きく成長していくんだろうな。

 

すでに私との時間よりも児童館でお友達と遊ぶ方がプライオリティが高いようなので、

寂しさ1割成長の喜び9割です。

 

今子育てでママママママに嫌気と言うかお疲れなママさん、少しづつママ離れするのではなく、

いきなりその日は来たりしますので、楽しみに待ちながら、お子さんに構ってあげてくださいね。

 

では良い夏をお過ごし下さい!

今日もありがとうございました

-おやこ学習
-, , , , , , , , , ,

© 2020 おやこアートらいふ Powered by AFFINGER5