いただきもの

宅配生協で頂き物で野菜が大量 冷蔵庫に入らない!時の解決方法

宅配生協を二社併用しているのは以前宅配生協3社併用したらどうなる?の体験談(2019/7/4追記) でお伝えしましたが、忘れず注文という自動登録で野菜も定期的に届くようにしています。

しかし親戚からのありがたいお野菜の差し入れで大根小松菜キャベツきゅうり人参がダブってしまった!

そんな時はこの季節は

干して栄養価アップさせて、かさを減らして冷凍保存しましょう!

1日日当たりの良いところに干すだけでも栄養価が数十倍上がり、かさは減って、スープや煮込み、炒めたりにいつでも使えるカット野菜になります。

根菜は輪切り、キャベツは一枚づつ干したり(ロールキャベツ向き)、8等分で簡単温野菜にできます。大根は油やお肉と調理すると旨味アップ、または細切りで柚子大根の漬物などなど。

画像はまさに干しているところです!

ぜひ野菜を傷ませず、栄養価をあげて、すぐ使える便利ストックにしましょう!

これで野菜がいつぱいになっても怖くない!

ちなみに小松菜は茹でずに、水洗い後、そのまま冷凍が大正解のようです。ほうれん草のようにシュウ酸がないから。解凍した時に、茹でたあとみたいになります。和え物汁物にそのまま!

ではでは、健康な毎日は口に入るものから。

良い日をお過ごし下さい!

食べにくくて冷蔵庫に眠っている大量の梅干しを美味しく食べられるようになる30秒レシピ

手作りの梅干し。

喜んでいただくのですが、

梅干しを食べなれていない私たち世代ー子どもたち。

もう2年くらいのたっているのに、たまにさんまの梅煮で2、3粒使うくらいで全然減らない…。

そのままではとてもしょっぱ&すっぱすぎてご飯のお供につかえない。

冷蔵庫に眠りかけた大量の梅干しを、

今日は30秒で毎日ご飯のお供にしたくなる方法をご紹介します。

もっと読むt