ママとこころ

概ね自分語り×このブログの使用法について

2018年9月24日

はじめまして、サイトにおこしいただきありがとうございます。

このブログでは、

絵を描く事、独学そして楽しいことを思いつく事が特技の(くらいしかできない)管理人Acoが、

ママが幸せに自己実現をしながら、

子どもの素晴らしい力を自然に伸ばし、

楽しいおやこ時間を過ごすためのアイデアをお伝えしています。

 

というわけで、今日はこのブログの管理人Acoについての自己紹介を(かなり長く)させていただきたいと思います。

読んでてイラッとしたらどうぞ、そっと閉じてください…。改善します。。。

 

ひとりっ子と何度もの引っ越しで協調性を持たなかったこども時代

東京→神奈川→東京→埼玉→東京と今に至るまで、人生をひたすら関東で過ごしています。

引越しが多くてどうしても目立ってしまうのと、

もともとひとりっ子で自由に育ててもらったために、自分を他の大勢に合わせよう、

という気持ちは物心ついた時にはすでに捨てていました。

さいごの協調性のかけら

年中さんの時に「何になりたい?」と聞かれて、「みんなと一緒がいいのかなぁ」と思い、

他の女子と同じく「スチュワーデス」と答えてみましたが、内心モヤっとしたことを覚えています。

同調圧力に負けないゾ

また、お絵描きがその頃から大好きで、幼稚園の頃にはペンだこができるくらいだったのですが、

ある日女の子の絵を描いていて「みんなと同じ、金髪のお姫様じゃつまらない!青髪だっていいじゃない」と

突如すごい色の髪の毛の女の子を描きだして、みんなにギョッとされました。

その後セーラームーンやプリキュアが出てきたし、

今はピンクの頭の人結構いますけどね。

自分が良ければ全て良し

それから、30年前なのに緑色の横型ランドセルを平気で選んだり、

学期末はこっそり配膳台の中に教科書を詰めて「置き勉」するなど(ランドセルの重さ問題を自力で解決☆)、

自分で思いついたり感じてイイ!と思ったことは実行し、

「他の人はこうしている」という基準が欠けていたように思います。サイコパスの片鱗…。

 

就活中も、出版社の説明会に大学の空きコマにふらっと、

Gパンで参加という図太い神経を持ち合わせています。

(だって誰も説明会までスーツで行けなんて教えてくれなかった←常識欠如)

 

一番驚かれるのが、現代においてもスマホを持たないこと。

最も初期にスマホ所持していたのですが、電話やメールの誤操作や使用感の悪さが嫌で

ガラケーに先祖返り。

LINEは自宅のアップル製品でかろうじて連絡。

用がなくなったらグループLINEも即抜けます。

みなさん、子どものクラス解散後のグループLINEの処理とか困っているようですね。

みんな面倒ならやめちゃえばいいのに…とは思いますが、

色々なしがらみがあればそうも行かないですよね。

人生万事塞翁が馬。学ぶ人が好き、でも群れるのが苦手な私とともに歩いてきたブログ

学生時代から期間限定でがんばり屋

記憶力も地頭も良くないのですが、小・中と順位がつく短期決戦的な勉強に限っては、頑張れる子でした。

高校は進学校だったため、入学後すぐ落ちぶれましたが(数学53点物理19点とか。。。)

大学受験3ヶ月前でなんとか英語力を自前の要領で底上げしてギリギリセーフ!

関連記事 3ヶ月で上智、1ヶ月で公務員、ワーママでも国家試験一発合格記

 

どう考えてもじっくり取り組む研究者タイプではないですね。

(歴史・地理が大の苦手で研究もできないのに学芸員になりたかった浅はかな私。)

致命的なミスを補うための二足のわらじ生活

大学では毎日ある合唱サークルと全部つまった時間割と3つバイトの合間に、

アート観賞(美術館巡りやコンサート・演劇などの舞台芸術も好き)や国内外の旅行を楽しみました。

(都心だったからアクセスが良くて…どこにでも遊びにいけた懐かしいあの頃…遠い目)

社会心理学を学びながら、学芸員資格と教員免許を取得して卒業するつもりだったところ…

 

教員免許を2単位数え間違えていて、取得できてなかったのです!

そうとは知らず、大学の卒業式の日の夜浮かれて帰ってきたら

先に知っていた母親に大目玉をくらいました。バコーン!ガーン!

 

ふざけた就活でちゃっかり百貨店に就職しながら勉強して、不足単位をとることに。

不足分の2単位だけのために大学の通信課程で取るのはもったいないと思い(お金も時間も)、

ついでに司書教諭資格も取得しようと申し込みし、昼は紳士服の売り子、夜はお勉強してました。

 

そのついでの司書教諭がなかなかのハードさで、めちゃめちゃ厳しい先生だったのです。

通信課程で6回もレポート書き直しされたのは本当にいい経験でした。

(通信で大学卒業した人を本当に尊敬します)

そしてその司書教諭資格が10年以上後に、今の私の幸せに活きるとは…、当時は思いもよりませんでしたね。

 

失業後もいろいろあったけど結局学ぶ人が好き

最初の就職先は、ロールモデルや働き続ける希望が見えず、辞めてしまいましたが、

そこで得た同期との結束は今でも続いています。

上司も先輩も人間的に尊敬できる方ばかりで、

正直自分のわがまま(自己分析不足の就活)で辞めてしまったところが大きかったです。

雇ってもらってありがとうございました。

 

そんなこんなで職も結局4〜5職経験するのですが、最初の販売以外は結局全て教育系。

何か遊びや学びの中で人と関わるのが好きなのでしょうね。

学生さんや子どもたちから、刺激や元気をもらうからでしょう。

やっと自分のことがわかってきた気がします。

記憶力の弱い・人付き合いの悪い私をさまざまな人とつないでくれたブログ

さて、かなり人と変わった、おっちょこちょいの私なので

お気づきでしょうが、人付き合いもかなり特殊。

 

社交性とコミュニケーション力はかなり高いので、初回限定&浅く広くはいけますが、

少数の理解ある優しくて芯の強い人としか基本付き合いません。

しかも大体私から一本釣り。声をかけられたら注意ですよ!!

 

端的に言うと群れるの苦手。グループとか。

今は(コロナで集合させないので)あまりないですが、

学校の説明会とかでママたちが小集団で集まっているのとか、もー超居にくい。

 

でも、かなり人に伝えたいことはある、というジレンマ。

そんな私にとってブログという発信は画期的でした。

始めたのはそれこそ20年近く前、大学1年生の時に日記ブログが流行りだし、

水を得た魚のように毎晩語りはじめました。

 

まあ、若くて幼かったので(今も)、

エラそうで、リア充自慢みたいな面も多かったのですが、

やたら楽しんでくれる人はいて、コミュニケーションが楽しかったです。

 

結局社会人になっても結婚しても、

子育て(産後5年間くらいは流石に無理で、子育て愚痴川柳だけ投稿していました)が一段落しても

色々な局面で私は書いて発信することがやめられないのでした。

 

記憶の残っているうちに失敗も成功もブログに記録して誰かの役に立ちたい

自分の仕事に迷いながら生きていた10年間

結婚後も、仕事しながら通勤時間に勉強して資格取得など、

今までの二足のわらじスタイルで勉強するのがクセになっていたので、

宅建、FP、栄養学、英語指導者、保育士、チョークアート、整理収納アドバイザー、小学校教員免許…と

思いつく限りでも色々な勉強や受験をしていました。

 

振り返ると、いつも今の自分の知識に不安を感じていたり、自己防衛のために

また、目の前の仕事から強制的に目をそらしたくて必死だったのかもしれません。

好奇心もあるけれど、今の自分じゃない自分に成長しないと!みたいな脅迫観念かなぁ。

 

勉強しても解決しない 人生で一番思い通りにならないこと、それが育児

これだけ自分のことだけ考えて生きてきた私にとって、

最大の壁は思い通りにいかない事が連続の育児。

頭ではわかっていたつもりでも、キビシイ!体力的にも精神的にも。

そもそも私が身につけてこなかった弱点「束縛と忍耐力のなさ」

 

5年間まともに寝られなかった睡眠不足でメンタルも相当参っていましたね。

詳しくはこちらの記事子育て辛いから公務員辞めた!2億捨てても親子時間が大事

に経緯が書いてありますが

要は育児も超大変なのにやりたくない仕事なんてもーまっぴらだよ〜という心の叫び(育児ノイローゼ)で

正規職員から離脱。

 

結果オーライで上手くいった事がほとんどの中で、

常に思い通り(理想)にいかない育児の日々(現実)、

過去の失敗に(子どもに対しても、自分に対しても)ものすごく苛まれる時がありました。

 

でも、過去は変えられる事

正確には毎回思い出している時点で、

自分の脳が再構成しているフィクションだと認識する事によって(脳科学、認知科学より学ぶ)、

過去の失敗も「なるべく」気にしないようにしました。(それより今子どもを愛することの方が大事!)

 

あんなに辛かった育児も、仕事を自分のペースにして、自分の好きなことをして、

「もっと」自分に寛容になったら子どもたちにも優しく客観的になれ、

できないところよりも成長しているところのほうが目に入るようになりました。

 

 

過去のクヨクヨはこれでかなり捨てられます。私のバイブルのうちの1冊です。

ママは我慢しないで楽しんで解決する!私の失敗ネタや成功のコツを参考に

そう考えると、周りの真面目なママさんたちって

もっと自分にストイックに生活を頑張りすぎているんじゃないかなぁと、胸がいたみました。

 

今なら、ママが自分の事をもっと大切にして、ハッピーになったほうが家族のためにもなる!と実感を込めて伝えられる。

とは言っても、子どもや家庭を持つと、やはり色んな面で大きな決断をすることに躊躇したり、

日常の色んな面でもなるべく失敗したくないですよね。

 

なので、そんな真面目なワーママさんたちに

私のしてきた失敗と(赤裸々に)、成功(良かったことやおすすめ)をなるべくわかりやすく

お伝えして少しでもお役に立てたらいいなと思います。

 

基本的には子どもと過ごしながらもママも楽しめるアートや読書のアイデア、

ママが人生を楽しむために役立つ知識(時間・お金・家事など)、

超簡単で、ママがとにかく自分の人生を活きるヒントになるような記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

よくぞここまで読んでくださいました!!大感謝です涙。

 

要は自由と楽しいことが好きな人間なんです。

どうせ一度の人生大好きな家族となるべく一緒に楽しんじゃいましょう。

artistic-seaside
【まとめ】愛しているのに子育て辛いイライラからの脱出・解決・卒業

管理人皆さん、お疲れさまです。 兄3歳、妹1歳の時に 公務員を離脱したワーママの端くれAcoです。   今はあんなに(まだ初心者ママの私にとっては) 大変だった兄ももうすぐ立派な小学3年生。 ...

続きを見る

悩めるママさんに人気の記事

1

こんにちはAcoです。2児のワーママです。 管理人みなさま子育て本当にお疲れさまです。 うちの子は、昼寝はしないし、夜も寝かしつけに時間がかかり、 こちらの体力と気力が限界!でした。   特 ...

2

産休、育休、部署異動や退職などで職場で お世話になった方たちに送る手土産のお菓子。   何を持っていったり送ったりしたらいいか、 どんなものが好まれるか お困りの方多いですよね。 管理人毎回 ...

おうちギャラリー 3

管理人こんにちは学校司書ときどき絵描きのAcoです。 家族みんなものづくり好き、家の中は作品でいっぱい!です。   家に子どもの絵や作品を飾ることのメリットは以前記事でご紹介しましたが、 実 ...

4

管理人 こんにちは、Acoです。ちょっと自分の話になってしまうのですが、 辛い思いで働いているママさんがいたら、 もっと自分を大事にしてほしいな、 と思って正規職員を辞めた経験談を書いています。 &n ...

5

こんにちはAcoです。 実際に被害に合うまで、 ここまでご近所での騒音クレームに悩まれている方がいるとは知りませんでした。   我が家は結婚してからずっと賃貸で、 前の12階では一切クレーム ...

-ママとこころ

© 2021 おやこアートらいふ Powered by AFFINGER5