2018年 8月 の投稿一覧

叱らない♪落書きからポップなふすまアート

今日は、小さいお子さんが汚したり破いたりしがちなふすまを使って、思い切って家族みんなでアートしてみませんか。

我が家に初めて来た方は、壁や床に自由に描かれた子どもたちの絵や私の描いた大きな黒板アートに皆最初驚かれます。

子どもが生まれるまでは本当にシンプルでミニマムなお部屋でした。

でも、今のいたるところに子どもたちの自由奔放な線画と元気いっぱいの色で溢れた部屋を私は心から愛しています。

続きを読む

おやこで育てやすいベランダのグリーンカーテン

マンションのベランダで夏のグリーンカーテンを楽しんで3年目になります。

お花を育てたり生けたりするのはすごく好き…と言っても、それ以上にアバウトな人間なので、土を混ぜたり、肥料を使い分けたりできないのでいつも簡単な植物ばかりです。だいたい子どもが小さくて働いていたら、そんなに植物に手をかけられないですよねー。虫もわいたらいやだし。

でもグリーンに接することはストレス解消になったり土いじりをする方が寿命が伸びる、という専門家の調査もあります。

子どもも世話をすることで自然の不思議さに喜んでくれたり、黙々と咲いてくれる花に想定以上にママが癒されたり良いことづくしです

今日は早朝に水さえあげれば良い植物の中でも、1番育てがい?があってかわいくてちょっぴりミステリアスな花は結局…

 

アサガオ!というお話をしたいと思います。

続きを読む

簡単すぎでいい!子どもが喜ぶへなちょこ仲間

お祭りの紙ふうせんやくるくる巻いてある紙が伸びる笛、とてももろくて、半日もせずにすぐゴミになってしまうのに子どもって大好きです。

視覚や聴覚が刺激される電子的なものは魅力的かもしれないけれど、息を吹き込むとふくらむこと、うまくくっつかなくて剥がれたりすること、など、触って楽しむことや物理的に学ぶことが幼児や小学生にはまだとても必要な時期です。

大人だって、紙笛吹きたい時や水ヨーヨーを振り回したいときありませんか?…私はあります。

今日もとても簡単で、でも親子によって無限のバリエーションが生まれるおやこアートアイデア3つをご紹介します。

風邪をひいていてお家で飽きてしまう時の暇つぶしにもなりますよ。

続きを読む

プレゼントにも!おすすめファーストクレヨン

子どもが生まれてから最初にどんな筆記用具を持たせればいいか迷ったことはありませんか?クレヨンやペンはどれも同じように見えますが、価格やブランドの差が品質にしっかりとあらわれます。また、品質の良さは子どもの良質な体験に直結します。

自分の子どもにはもちろん、他とかぶらないセンスのいいプレゼントとしても高品質の文房具はとてもおすすめです。

今日は様々なクレヨンと比較した中でベストの逸品をご紹介します。

続きを読む

おやこでミュージアムに行こう@高尾

世界一登山客の多い山、都内から1番登りやすい山として有名な高尾山。

実は山に登るだけではなく、幼児連れには嬉しい屋内で遊べる場所があります。

TAKAO599MUSEUMと高尾山トリックアート美術館です

高尾山口駅から両方とも徒歩5分以内!

今日は高尾山の新旧ミュージアムを紹介します。

続きを読む

パパのプレゼントに♪子どもと作る本とカップケーキ

いつも悩むのが家族、特にパパへのプレゼント…こだわり派のパパは、バッグや時計は自分で選ぶし…お洋服は毎年お義母さんがプレゼントで下さるし。今年もお盆休みは◯カチュウが大発生しすぎて大混雑だから、ヨコハマグランドインターコンチネンタルに泊まっての横浜観光は出来ないようだし…。

passion-flower

ご両親だと美味しいものを贈ったり、孫を連れての食事会をしたりでいいですがパパってちょっと悩みますよね。

今日は1番悩むパパへのプレゼントの解決策として、おやこアート&クッキングアイデアをご紹介します。

続きを読む

クリアファイル活用!10分でできる空中動物園

ゆらゆら動物ガーランド

今回は、いつの間にか溜まってしまうクリアファイルを使った簡単なガーランドを作ってみました。

クリアファイルの良いところは透明なところ!絵を描くのが苦手でも、下に写したいものをひいてなぞることもできますよ。

パパも一緒に、簡単動物ガーランドづくりをご紹介します♪

続きを読む

『きんぎょがにげた』でお部屋あそび♪

五味太郎さんの『きんぎょがにげた』は幼児から低学年の子どもたちが大好きな絵本。

金魚ばちからにげたきんぎょが部屋の中を縦横無尽にかくれんぼ。

今日は、おやこでも、お友だちがお家に来た時でも何人でも遊べる「きんぎょさがし」を紹介します。

続きを読む

おやこアートに注目の3つの理由

教育業界大手の◯ネッセでも表現力や創造力を伸ばすためのオプション教材が今は出ているようですが、幼稚園や保育園でも「お制作」の時間が昔から必ずあります。

砂絵

そもそもアートって何に役立つの?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんので、子どもから大人までこれからアートが必要になる理由をお伝えします。

続きを読む

赤ちゃんのうちからはじめたい3つのこと

今日は家庭教師・塾講師・児童英語教育・教育行政・教育現場の仕事をし、幼稚園から大学院まで学ぶヒト&教えるヒト&学ぶバショを見てきた管理人Acoがおすすめする良質なマナビのためのアイデアです。

続きを読む