ママとからだ

職場ストレスによる新婚うつが危険!環境改善で妊活効果も?

2018年9月10日

フルタイムで仕事をされている方、転職したいなぁ辞めたいなぁと思いながら働いている方、今日も本当にお疲れ様です。

今は、職場環境も仕事も自分にほとんどの裁量権が委ねられている最高の職と家での創作活動という人生で最も充実した働き方をさせていただいているAcoですが、

結婚後間もなくのまだ子どももいない頃、主に仕事での行き詰まりや職場の人間関係で鬱々した時期がありました。

できる人のところにまわってくる仕事

今はとてもそこまで能率よくできませんが、もともとプライベート重視なので勤務時間を前倒しして早朝残業(もちろんサービス)したり、勤務時間を超集中させて人より早く片付けていったり、勤務時間内に最大効率を発揮する!というお仕事スタイルでした。

今働いているママさんもほとんど同じだと思います。

でも、残業手当を稼いでるようにしか思えない人や(人間関係は大事ですが)楽しいお喋りに花を咲かせながら同じ勤務時間を過ごす人っていますよね。

私は昔、誠実に仕事をこなせばこなすだけ仕事が回ってきたり、真剣にやればやるほど孤立してしまう、という状況に、何だか苛立っていたのです。

その上、通常の業務の他に最も避けたい仕事を回されて、私の中で小さな容量がパンクしました。

涙のうつうつ新婚生活を変えた一冊の本

楽しいと思った新婚生活は私のメンタルの弱さもあり、仕事のある日は毎日が涙で灰色でした。

しかし、優しい夫と仕事の後待ち合わせて外食した帰りにふと立ち寄った本屋で、今の生活方針の一部になっているマインドを築くきっかけの一冊に出会いました。

現在ではもう海外進出されているこんまりさんの初めてのお片づけの本

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』です。

頭にもうインプットされているので手元にはもうないのですが、

このこんまりさん流お片づけを有休取得の度に部屋で1人取り組んでいくと部屋とともに心のゴミも消えていき余裕が生まれました。

メンタルクリニックで処方された薬など(初めてドキドキしながら入った割に「はい、薬どうぞー」という事務的な態度でガックリしました。)より、よっぽど、気持ちがすっきりしたのです。

この3つの高品質アロマオイルで朝も夜も心身ともに安定

そしてもう一つ、私が改めて取り入れたものがアロマテラピー。

アロマオイルは紀元前より医療として歴史のある治療法。ちなみに鼻腔の細胞を通じて脳にダイレクトに作用していきますので、

安かろう悪かろうは絶対ダメ!ちょっと高くても歴史と信頼のおけるものを買いましょう。

ラベンダーやゼラニウムは安眠、リラックスなど、午後から夜にかけて使うと体のサーカディアン・リズムが整います。



レモンやユーカリは朝や気分を切り替えたいとき、怒りを忘れたいときにも!ダイエット効果もありますよ。


(もう10年活躍している無印のアロマディフューザーは冬場の乾燥対策にも!お友達が来た時のおもてなしの香りの演出にも)

自分の生活をお片付けと癒やしのアロマでコントロール

つまり、自分にとってどうにもコントロールできないこと(仕事や他人)の代わりに、

自分がどうにかコントロールできること(自分の環境や自分の生活)を変えることが最速で低リスクの解決方法と気づいたのです。

自分の意思で1日の半分以上を思い通りに過ごしていることになり、

心の均衡が取れたのだと思います。

そして何とか職場のでの危機は乗り越え、気持ちが安定したところでモクを授かります。

今日はすこし昔を振り返って、

仕事や職場の人間関係に悩む方に、

お片づけという自分でコントロール可能なもので自分の環境を改善できること、

さらに片付けた部屋で炊くアロマオイルは安全で幸せな処方箋になる、

という事をお伝えしました。

職場という1日に半分以上いる場所で苦しさを感じている方、

もう半分の1日を最高に変えてバランスをとりましょう!

お読みいただきありがとうございます!

-ママとからだ
-, , ,

© 2020 おやこアートらいふ Powered by AFFINGER5